NPO法人札幌パークゴルフ協会とはこんな組織です。



 パークゴルフの愛好者は年々増え続けております。札幌市とその周辺地域には15万人を超えるパークゴルフ愛好者がいると推定されています。このことは,パークゴルフが身近で気軽に楽しめる生涯スポーツとして,多くの人達に受け入れられつつあることを物語っております。


 また,そのほとんどの愛好者は,特定の同好会や組織に所属しないで,パークゴルフのプレーを楽しんでおります。このような愛好者に対して,パークゴルフをとうして相互の交流や親睦をはかる機会を提供する目的で,個人として自由に参加できるパークゴルフ大会を企画しております。


 さらに,パークゴルフが真に三世代スポーツとして発展するために,小・中学生や学生などの若者への普及・振興活動も行っております。


 このように,パークゴルフが21世紀の国民的スポーツとしてさらに定着と普及発展することを願い,情報の提供や実技の講習,コースの管理受託事業,各種大会の開催・支援などの役割を担っております。



 
NPO法人札幌パークゴルフ協会NPO SapporoParkGolfAssociation) は,「パークゴルフの普及・振興を図ることによって,札幌市民の健全な発達と生涯スポーツの振興に寄与する」と云う明確な目的を持って,平成13年に設立されました。札幌市におけるパークゴルフの唯一の公認団体(法人組織)であります。